今回は『クラウンパント』という眼鏡好きな方以外は耳にしたことがないシャイプにフォーカスを当ててご紹介します。

クラウンパントはフランスのビンテージに多く見られるフランスを代表する伝統的な眼鏡の形です。
パントは日本ではボストンと呼ばれるおにぎり🍙を逆さまにしたような逆三角形シェイプを欧州ではパントといいます。
またクラウンはフレームの上部のラインが王冠👑に似ていることから、その二つを組み合わせてクラウンパントという名称がつけられています。

クラシックやビンテージスタイルがスタンダードになったこともあり、特に昨年は多くのブランドが発売しました。

BRAND : Lesca LUNETIER / レスカ・ルネティエ
MODEL : Pica
PRICE : ¥37,000 (tax out)

クラウンパントの王道といえばフランスのレスカ・ルネティエ。
レスカのブランドは1964年創業ですが、1900年代前半からフランスの眼鏡の産地ジュラ地方で生産を行ってきた歴史あるメーカーです。ジュラ地方は日本でいう福井県鯖江市のような世界的な眼鏡の産地のひとつです。
中でもこちらのPicaは太く厚みのあるフロントに直線的なライン、小振りなサイズ感などビンテージそのもののデザインです。

BRAND : Lesca LUNETIER / レスカ・ルネティエ
MODEL : P2
PRICE : ¥37,000 (tax out)

前と同じくレスカ・ルネティエのクラウンパントですが、こちらは線が細く華奢で小振りなので女性にもおすすめしたいモデルです。

BRAND : Lunor / ルノア
MODEL : A5 237
PRICE : ¥37,000 (tax out)

ドイツを代表するクラシックブランドのルノア。
エッジの効いたクラウンシャイプに正面から見て山のように尖ったブリッジを組み合わせ特徴のあるデザインになっている237。
ただ着用すると思いのほかクセがなく程よい個性で女性にも人気があったりします。

BRAND : ayame / アヤメ
MODEL : SPIKE
PRICE : ¥30,000 (tax out)

アヤメを代表するモデルにまでなったSPIKE。
デザイナー今泉氏が映画監督スパイクリー氏が着用していた眼鏡にインスピレーションを得てデザインを開始。
海外ブランドよりも全体的に横に潰したデザインは日本人の骨格にマッチするので非常に掛けやすいです。
ボストンでは丸すぎるという方に丁度良いと思います。

BRAND : YELLOWS PLUS / イエローズプラス
MODEL : OLIVER
PRICE : ¥33,000 (tax out)

イエローズプラスらしい美しいさを感じるデザイン。
イエローズプラスの定番のソフトリム仕様で掛け心地は非常に良いです。
デザイナーの山岸氏いわく極力クラウン部の角を落とし馴染みの良さを考慮してラインを引くことを意識されたそうです。
こちらのアクアグレーとの組み合わせが非常に綺麗です。

BRAND : OLIVER PEOPLES / オリバーピープルズ
MODEL : OP-43T
PRICE : ¥33,000 (tax out)

ビンテージラインのOP-43をチタンでリバイバルしたOP-43T。
リム周りやブリッジにまで繊細な彫金を施し、メタルフロントとセル手との組み合わせが好印象です。

BRAND : propo / プロポ
MODEL : JILL
PRICE : ¥32,000 (tax out)

女性をより女性らしく美しく魅せるラインを追求し描くプロポ。
新作 JILLは、極限まで細く仕上げたリムと少し吊り上がったようなブローラインが、リフトアップ効果で若々しく演出してくれます。

今回ご紹介できなかったモデルもまだまだございます。店頭にてお試しください。